週1日でも働ける?オナクラバイトはどれだけワガママきいてくれるの?

自由シフト

学校の都合や本業のお仕事との兼ね合いなど、なかなかアルバイトをしたくてもできない事情を抱えた女の子は多いでしょう。そんな時に頼りになるのがオナクラのアルバイトなのですが、実際にはどのくらいまで柔軟にワガママを聞いてくれるものなのでしょう?今回はオナクラアルバイトのシフトについて研究します!

自由シフトのお店がほとんど!

飲食店やガールズバー、そして他の風俗店などと違って、オナクラのアルバイトには「定員」がありません。極端な話、女の子がゼロの日もあるかもしれませんし、20人出勤の日もあるかもしれません。それでも大丈夫なのです。

それは電話や店舗でお仕事予約の受付をして、接客はすぐ近くのホテルやレンタルルームで行うシステムだからです。接客するお部屋の数に限りがあったりしませんので、何人でも同時に出勤できるわけです!

ですから出勤シフトは自由で大丈夫。急にお仕事できる時間が空いたので出勤する「緊急出勤」なんかも可能ですから、空いた時間を有効活用できます!

週1日どころか、月1日でも大丈夫

オナクラアルバイトの自由シフト制のいいところは、「今週は忙しいから1日だけ」「資格の試験が控えているから今月は2日だけ」なんてワガママにも余裕で対応してくれること。

スタッフさんもそんなワガママには慣れてますから、特に気にせず相談してくださいね。

「留学期間中3か月間だけ、パネル写真を落として戻ってきたら復活させてください!」なんてケースも全然大丈夫!都合の良いアルバイトとして活用できるのがいいところです。

レア出勤でも稼ぐポイント!

プライベートの都合でレア出勤になる場合、予約がちゃんと入るかどうか心配になると思います。

レア出勤でも安定して稼いでいる女の子は、こんなことをしています。

  • 指名のお客様をつかんでいる
  • 出勤予定が決まったら早めにTwitterや写メ日記で告知している
  • 出勤前夜、当日にもちゃんと告知をしている

せっかくの出勤日、ちゃんと予約で埋まるかどうかで気持ち的にも変わりますからね。

まとめ

いかがでしょう。飲食店や事務のアルバイトよりも、シフト的にはとにかく働きやすいのがオナクラのアルバイトの特徴です。それで高収入というメリットを最大限に活かせるようにしたいですね!

関連記事