求人サイトでよく見る「業界用語」を徹底解説!

オナクラでアルバイトをはじめようと思っている女の子に、

求人ページ等でよく見かける、

わかりそうでなかなかわかりにくい「業界用語」をザッとご紹介!!

 

これから応募をするときにきっと役立つ用語になるからチェックしてくださいね♪

 

【体験入店】

風俗のお店は普通のお店と違って、女の子自身がリアルな内容を確かめるため、

『なんか、想像してた内容とちがう!!』なんてギャップを避けるために、

数日から数週間、そのお店でお試しで働いてみることができます。

そんなお試しシステムを「体験入店」と呼びます。

もちろん、自分の考えていた内容と違う!となれば体験入店後に採用を断っても問題ありません。

【即日体験・ソクタイ】

スタッフさんが『ソクタイ、ソクタイ』と言ったりします。

これは「即日体験入店」のことを言い、面接をした後その日にそのまま体験入店することをソクタイ・即日体験と言っったりします。

ほとんどのお店では即日体験が可能ですが、体験とはいえお仕事をするわけですから、

身分証(パスポートもしくは本籍地入りの住民票)が必要になります。事前のやり取りで何が必要か確認しておきましょう!

【パイパン】

毛がないあそこのこと。女の子的には「ハイジニーナ」と言った方がわかりやすいかもしれません。

男の人の中には、「パイパンじゃないと!」とこだわりを持った人も多いですので、お仕事にあたっては実は大きな武器になることもあるんです。

 

【手コキ・足コキ】

手で男性器を触り射精を促すことを「手コキ」といいます。

手の代わりに足でそれを行うことを「足コキ」といいますが、なかなか器用に動かさないといけませんのでちょっとテクニックが必要になります。

 

【トップレス】

ブラを外した状態で、上半身ヌードの状態を「トップレス」といいます。

オナクラ・ソフトサービスのお店では非常に良く指定されるオプションのひとつですね。

 

【講習】

実際にお客様を接客する際のマナーや、トークのバリエーションシュチエーション等を学ぶことを講習と言います。

スタッフが実験台になる「実技講習」や口頭で説明する「口頭講習」があります。

完全にお仕事初めての女の子は、初めての接客でも困らないように絶対に聞いておくことをおすすめします!

 

【バック】

お給料のことを「バック」ということがあります。

「コースバック」ということもありますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか??

業界の皆さんが知らない用語はまだまだ他にもたくさんありますが、

まずは未経験の女の子が求人ページで目にしそうなワードをピックアップしてまとめてみました。

参考にしてみてくださいね♪

関連記事